羽村市動物公園(東京)|フンボルトペンギンのお魚争奪戦

      2016/10/05

都心から電車を乗り継ぐこと1時間半、ようやく羽村駅に到着した。本日の遠征先は「羽村市動物公園」。東京で最も人口が少ない市にある歴史の古い動物園である。
閑散とした駅前が嘘のように、園内から楽しげな笑い声が聞こえてくる。門をくぐるとそこには、様々な木々が生い茂る自然豊かな公園が広がっていた。

羽村市動物公園の入り口

羽村市動物公園の入り口

4匹のお魚と腹ペコペンギン

頭上にのびた枝葉が、10月の残暑を程よく遮っている。木陰に心地よい風が吹き、笹の葉がサラサラと音を立てて揺れる。
時の流れが止まったかのような穏やかな午後だというのに、私は公園の中を小走りで移動している。目指すのはもちろん「ペンギン舎」。ペンギンランチに遅れるわけにはいかないのだ。

羽村動物公園のペンギンプール

羽村動物公園のペンギンプール

ペンギンへの餌やりを体験できる人気のイベント「ペンギンランチ」は、1日2回(11時30分〜/14時30分〜)行われている。ランチ開始の15分前に到着すると、既に参加者の列ができている。飼育員さんから配られる小魚は全部で4匹・・・さてどの子にあげようか。

小魚を見つめるフンボルトペンギン

小魚を見つめるフンボルトペンギン

ペンギンプールの周りは、魚を手にした人でいっぱいだ。魚のしっぽをつかんだ手を伸ばし、ゆらゆらと揺らしてみる。頭上のごちそうに気がついたペンギンが、じっとこちらを見つめてくる。魚を放り投げると、長い首を伸ばして戦いを制した1羽が「パクッ!」と力強く魚をさらっていく。「ナイスキャッチ!」思わずそう叫びたくなるほどに、ペンギンは魚が落ちてくる軌道を読み、そのくちばしは正確に獲物をとらえる。そして頭から丸呑みするのだ。
野生のペンギンたちは、非常に優秀なハンターだ。水の中を秒速1.9メートルの早さで泳ぎながら、的確に餌を捕まえていくという。そんなハンティングの一端を垣間みた気がして、餌やり体験は興奮のうちに幕を閉じた。

絶対に負けられない”お魚争奪戦”

絶対に負けられない”お魚争奪戦”

サギとペンギン

ペンギン18種類のイラスト

ペンギン18種類のイラスト

ペンギン舎の近くにある大きなボードに、ペンギンがずらりと整列している。羽村市動物公園にいるのは、右から8番目に描かれている「フンボルトペンギン」。

とすると、ペンギン舎の中にいる彼は一体何者なのか。

じっと魚をみるめるサギ

じっと魚をみるめるサギ

鳥の正体は「ゴイサギ」という名の野鳥。胸元の白、背面の濃い色、足がほっそりと長いことを除けば、どことなくペンギンに似ている。“ なんだ、詐欺じゃん・・・! ”とつまらないシャレを飛ばそうとした矢先にふと、サギの足の異変に気がついた。片方の足のつま先がないのだ。

「あぁ」と小さくため息が漏れる。この鳥は生き抜くために、ペンギンの餌やりを待っているのか。

しかし、餌やりが始まってしばらくしても、サギはじっとして動かない。もう少し前にいけば、おこぼれにありつけそうになのに。ペンギンたちから少し離れた場所で、空を舞う魚を見つめている。時々、餌の軌道にあわせて少し首を動かす。それでも決して奪おうとはしない。結局、魚がサギの足下に飛んでくることはなかった。

しばらくしてサギは、プールの頭上を覆う桜の木の幹に移動した。片足にも関わらず、器用にバランスをとっている。そして、その目はプールを見下ろす。

控えめだけど諦めない、それが野生のたくましさなのだろうか。
首を長くしてお魚を待つペンギンと孤軍奮闘するサギ、その両方にそっとエール送った。

羽村市動物公園(東京都)の基本情報

●公式ホームページ
http://www.t-net.ne.jp/~hamura-z/

●ペンギンの種類
フンボルトペンギン

●入場料
4歳〜15歳未満:50円(4歳未満は無料)
15歳~65歳未満:300円
ファミリーパスポート(家族6人1年間):2,500円

●開館時間
3月〜10月:9:00~16:30
11月〜2月:9:00~16:00
詳しくは公式サイトへ >>

●アクセス
〒205-0012
東京都羽村市羽4122番地

 - ペンギン動物園

        

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ペンギンと目があった貴重な瞬間
埼玉県こども動物自然公園丨 世界最大のフンボルトペンギン生態園

草花や木々が生い茂る小高い丘に、青く透き通った広いプール。ここはまさにペンギンたちのパラダイス。フンボルトペンギンの故郷であるチリの島をモデルにした「ペンギンヒルズ」についてご紹介。

キングペンギンの正面と横顔
東山動植物園(名古屋) 丨 ミストで涼むペンギンたち

夏の風物詩といえば、打ち水、風鈴、かき氷。今年はそれに、”ペンギンミスト”なんてものを追加してみては如何でしょう。ご興味のある方は、東山動植物園のペンギンプールまで。冷たいミストの噴射とともに、ほら、ペンギンたちが集まってきましたよ。

東武動物公園のキングペンギン
東武動物公園(埼玉県)丨 ペンギン界の王:キングペンギンとの謁見

ペンギン界の王こと、キングペンギン。群れをなして泳ぐフンボルトペンギン。
お魚の入ったバケツをぶら下げて、いざ彼らの住処へ潜入!東武動物公園でのドキドキ、ワクワクの餌やり体験をご紹介します。

換羽中のフンボルトペンギン
よこはま動物園ズーラシア(神奈川県)丨 フンボルトペンギン観察記

地域・気候帯別の8つのエリアに暮らす100種を超える生き物たち。「亜寒帯の森」のエリアには、自由気ままなフンボルトペンギンや、愛嬌たっぷりのシロクマが暮らす。日本屈指の広さを誇る横浜の動物園ズーラシアへ、世界を巡る冒険の旅に出かけよう。

image
野毛山動物園(神奈川県横浜)丨 無料でペンギンウォッチング

悠々自適のライオン、問診を受けるキリン、水上を跳ぶフンボルトペンギン。大都会「横浜」の一角に、こんなにも素敵な場所があったなんて!入場無料とは思えない「野毛山動物園」の魅力を徹底レポート。