すみだ水族館(東京)|祝4年連続!マゼランペンギンの赤ちゃん誕生

      2016/11/01

国内最大級の室内ペンギンプール

すみだ水族館のペンギンプールの写真

すみだ水族館のペンギンプールの写真

天高くそびえるスカイツリーの真下に、約50羽のマゼランペンギンたちが暮らしている。「すみだ水族館」は、ペンギン専用の巨大プールを室内に完備し、プールの頭上は全て吹き抜けになっている。来館者はペンギンが泳ぐ姿を上から眺めたり、近づいてじっくり観察したり、色々な楽しみ方ができる。まさにペンギン好きにとっては、天国のような場所なのだ。

ペンギンたちにとっても、すみだ水族館は快適な住処として機能しているようだ。照明にはLEDを使用し、1日の時間の変化を演出している。昼は自然光に近い照明の下で元気に動き回る姿を、夜は薄暗い照明の下で寝ている姿を、それぞれ楽しむことができるのだ。

狙い目は5月〜6月:マゼランペンギンの赤ちゃん誕生

すみだ水族館では、毎年のようにマゼランペンギンのヒナが誕生している。2013年には「まつり」と「はなび」、2014年には「はっぴ」、2015年には「たいこ」、2016年には「ふうりん」がそれぞれ誕生している。ヒナの名前は公募で決められるので、採用されればペンギンの名付け親になることも夢ではない。館内に投票用紙とボックスがあるので、是非応募してみよう。

下のインスタグラムは、2015年5月13日に誕生した「たいこ」の写真。マゼランペンギンのヒナは成長が早く、生まれてから2ヶ月ほどで泳ぎの練習をはじめ、4ヶ月ほどでプールデビューを果たす。それまでは、飼育員が献身的に世話を続けるようだ。

ペンギンプールを彩るプロジェクションマッピング

すみだ水族館では、室内の環境と巨大なプールを活かした「プロジェクションマッピング」を定期的に開催している。春には桜、夏には打ち上げ花火といったように、優しい音楽にあわせた四季折々の光がプールを照らすのだ。ショーが開催されるのは1回につき10分程度なので、予め開演時間を確認しておくとスムーズだろう。

見た目に美しいプロジェクションマッピングではあるが、住処を照らされる当のペンギンたちの反応はどうだろう。光によって好奇心を刺激されたペンギンたちは、時々光を追いかけるような仕草を見せる。このプロジェクションマッピングは、ペンギンたちの生態や能力を明らかにする「行動展示」という考え方をベースに設計されているのだ。

すみだ水族館のプロジェクションマッピング「ペンギンキャンディー」

すみだ水族館のプロジェクションマッピング「ペンギンキャンディー」:2階からの眺め

「ペンギンキャンディー」開催中のマゼランペンギンの様子

「ペンギンキャンディー」開催中のマゼランペンギンの様子:1階からの眺め

ペンギンカフェでほっと一息

ペンギンプールに併設された「ペンギンカフェ」は、見た目に可愛いフードやドリンクが充実している。ペンギンや魚の水槽を眺めながらくつろげる特別な場所だ。筆者のお気に入りは、氷でできたペンギンが浮かぶ「ペンギンソーダー」。年間パスを持っている人には、割引特典があるので嬉しい。

すみだ水族館の「ペンギンカフェ」

すみだ水族館の「ペンギンカフェ」

ペンギンソーダとペンギンマドラー

ペンギンソーダとペンギンマドラー

すみだ水族館(東京)の基本情報

●ホームページ
http://www.sumida-aquarium.com/

●ペンギンの種類
マゼランペンギン

●営業時間
9:00〜21:00

●料金
大人:2,500円
高校生:1,500円
中学生:1,000円
幼児:600円
※年間パス大人:4,100円

●一押しイベント
ペンギンのおさんぽタイム(大型連休などに開催)

●場所
〒131-0045 東京都墨田区押上一丁目1番2号

●すみだ水族館の公式Twitterアカウント

●すみだ水族館の公式YouTubeチャネル

 - ペンギン水族館

        

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

image
サンシャイン水族館(東京池袋)丨 空飛ぶペンギンウオッチング!

サンシャイン水族館で人気のマリンガーデンが、2017年の春にリニューアルオープンする。野生のケープペンギンの暮らしぶりが、ビルの屋上に再現されるという前代未聞の試みに期待が高まる。東京の青空の下、ペンギンたちは草むらを歩きプールへと進む。その泳ぐ姿は、まるで空を飛ぶペンギンのように見えるという。

水族館の画像
【全まとめ】ペンギンに出会える水族館 | 日本

ペンギンと出会える日本の全ての水族館についてまとめています。一部、動物園についてもご紹介します。

人懐っこいペンギンの「しちじょう」
さぁさぁお立ち会い!ペンギンのご飯が始まるよ|京都水族館

京都水族館にいる72羽のケープペンギンをご紹介。餌を奪い奪われ、フリッパーをバタつかせて大騒ぎするペンギンたちのお食事タイムを見てみよう!

八景島シーパラダイスのジェンツーペンギン
横浜・八景島シーパラダイス|7種のペンギンと出会える水族館

「横浜・八景島シーパラダイス」で飼育されているペンギンは7種類!ふれあいコーナーやパフォーマンスショーも充実し、水族館と遊園地が一度に楽しめる夢のようなスポットだ。

フンボルトペンギンの餌やり
無人島のペンギン|あわしまマリンパーク(静岡県)

桜が満開を過ぎた頃、静岡県の沼津市にある淡島にやってきた。無人島の水族館にペンギンがいると聞いて、会いに行かずにいられようか。

足の上で卵を抱くキングペンギン
鴨川シーワールド(千葉)丨卵を抱くキングペンギン

2015年8月現在、鴨川シーワールドでは、4羽のキングペンギンのお腹の下で、卵が暖められている。1羽の足の隙間が少し開いて、抱卵嚢(ほうらんのう)と呼ばれる腹部のだぶついた皮が少し持ち上がった。その下から、白い洋梨形の卵がそっと顔をのぞかせる。

プカプカと浮かぶヒゲペンギン
名古屋港水族館 (愛知)丨 南極のペンギンたち

名古屋港水族館には、小さな”南極”がある。水中温度は−6℃。館内をほの暗く照らす明かりの下で、ジェンツーペンギンを筆頭に、アデリーペンギン、ヒゲペンギンが飛ぶように泳ぐ。その後ろをゆっくりとコウテイペンギンが優雅に泳ぐ。まるで、自分がペンギン世界の住人になってしまったような気分だ。

新江ノ島水族館で空に向かって鳴くフンボルトペンギン
新江ノ島水族館|ペンギンの個性を徹底解説【おすすめのショー】

江ノ島近くの海岸沿いというロケーションから、デートスポットとしても有名な「新江ノ島水族館」。ペンギンやイルカたちの可愛いショーや、クラゲの美しさが際立つプロジェクションマッピングなど、素敵なイベントを開催中。

岩のてっぺんから地上を見下ろすイワトビペンギン
京急油壺マリンパーク(神奈川県三浦市) 丨 イワトビペンギンとのふれあいイベント

神奈川県にある水族館「京急油壺マリンパーク」には、ロックシンガーのDAIGOさんが育てた”ペンペン”をはじめ38羽のイワトビペンギンが暮らす。握手(羽)や写真撮影、それにお触りOKのイベントに参加して、イワトビペンギンとの触れ合いを存分に楽しもう。

鳥羽水族館のペンギン写真
鳥羽水族館(三重県)|ペンギン散歩を間近で見よう!

日本で唯一「ジュゴン」の飼育がされていることで有名な「鳥羽水族館」。その飼育数は日本一の1200種を誇る。フンボルトペンギンたちが暮すのは、ガラス張りの大プールが設置された水の回廊。沢山のペンギンたちが、プールの縁で羽をパタパタさせて来園者を出迎える。